歩く歩く

末永泰三のブログ。旅好きが興じ、働きつつ長期滞在し数カ国を巡った体験を基に日々の気づきを綴る

2015年03月

今日はネット記事を読んでいて「おっこれはオレも興味のある話題だった」というのがあったので記事をネタに話をしてみたい。

 

まずは下のリンクを参照して読んでもらいたいだが、読む暇のない人のために、この記事の内容を一言で言えば「日本人は雑談と見知らぬ人と話すのが苦手だ」という話である。ちなみにタイトルに韓国人がどうたらと書いてあるが、その部分はそんなに記事の中でのウェイトはない。

 

◇堀尾正明アナ「雑談術」 【第5回】日本人より、イタリア人がモテて、韓国人が英会話の上達が早い理由

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42471

 

ところで最近、和歌山で捕まったイタリア人がいたが、あれは実はジローラモじゃないのか? なんか言い訳がジローラモ臭いんですけど。 


◇電車内で女性にキスして逮捕のイタリア人 「あいさつのつもり」という弁解は通るのか

http://www.j-cast.com/2015/03/06229735.html

 
 

というのは冗談で別人。ただ「だから日本人は」と偉そうな上から目線フレーズがムカついたので変なイタリア人の例も出しておいた。
まあ、とはいえ基本的には、この記事(雑談の話の方)の言っていることは、大雑把に言ってそんなに間違っていないと思う。日本だって関西は違うだろうし、東アジア、東南アジアのどの国でもそんなに雑談するか? と言われると多少疑問はあるが、日本人ほどは躊躇しないのではないかと思う。

 

またイタリアの話に戻ってしまうが、ちょっと昔「イタリア人は隣に女性が座ったらナンパするのが礼儀」などという噂をよく聞いた時期がある(もしかしたら元ネタはジローラモ? あ、辻褄があう。それっぽい気がしてきた)。その真偽はともかくとして、この噂の始まりは、日本人の見知らぬ人との雑談に対する捉え方とイタリア人との差が根っこにあるような気がしている。

 

ジローラモが記事の中で「失礼だ」と言っているように隣に座った人に関係のない顔をして無言でいるのはニュートラルな態度とはとられず「失礼」にあたるのだろう。イタリアでは笑顔で雑談の一つもするのが礼儀ということではないだろうか? 逆に多くの日本人は見知らぬ人にそもそも話しかけるという発想がない。特に話者が異性間だったりとすると、むしろ話しかければ怪しまれるのでないかなどと躊躇する。まったく真逆の発想である。

 

おそらく日本以外の多くの国で(ラテン気質のイタリア人ほどではないにしても)雑談は、信頼を、つまりお互いが敵ではないことを確認する作業なのだと思う。昨今の日本人は話しかけるのが逆に変な奴だと捉えられると考える。そして、おそらく自分から話しかけるのは面倒臭いとか損と考える人も多いかもしれない。

 

しかし例えば日本でもビジネスの世界では取引先の人とゴルフをやったりする。一見無駄なように見えて取引に直接関わる内容だけの話だけでは、総合的な相手のパーソナリティがわからないからあのようなコミニケーションが必要になるのだろう。あるいは飲み会が日本の会社で半ば義務化するのはそのような総合的なコミニケーションが勤務時間中に圧倒的に不足しているからかもしれない。

 

まあ商談に限らず、本当は普段からゴルフや飲み会などしなくても雑談をしていれば相手の人となりがわかるし、様々な情報が得られるし実は損より得をするはず。さらに日本だって震災の時は被災者は見知らぬ者同士でも会話するだろうし雑談もしたのではないか? その方が合理的だからだと思う。従って私も日本人が雑談とか見知らぬ人と話す習慣をつけていくのは賛成だし必要になってきていると思う。ある意味、それは礼儀ぐらいに思って相手が異性であれ同性であれ話かけるスキルをつけていった方がいいのかもしれない。

 

よく日本の首相がサミットだのG7だのに参加しても、欧米の首脳たちからまったくカヤの外みたいな報道がされるがあれはそもそも雑談する習慣がないことが起因していないか? ああいう貴重な場で雑談から話が好転することもあるだろうしまったく雑談できないことは相当国益を損なっているのではないだろうか?

 

かくいう私も外国へ行っても「オレは外国人だし、面倒だし、いっか」と周りの人間と雑談をしていなかった。ところが、だんだん周りの雰囲気みたいなものを感じとって行くうちに「雑談をしないというのは、ある意味、失礼に近いことなのかもしれない」という結論に至ったのである。


むか〜し、むか〜し、ネットもパソコンどころかガラケーもなかった時代の話。今となっては信じられないが日本がバブル期のころである。

 

私はカナダに住んでいた。日本のようにワンルームのアパートなんてものはなかったので一戸建ての家の部屋を間借りするのが一般的だった。私も独り者の爺さんの家に家賃を払って住んでいた。そしてその頃のルームメイトは北京から来た中国人の留学生だった。

 

私よりは年上だったせいか、家族でもないのに生活態度などを説教されたが、お互いカナダではマイノリティ同士でうまくやっていた。共同キッチンでお互いの料理をシェアしてビールを飲んだりだとか。喧嘩もしたような気がするが割といい思い出しか残っていない。

 

彼は中国人の可愛らしい彼女がいて高倉健の大ファンだった。彼女が来た日は私が気を利かして外出するという暗黙の了解があった。もし私が女の子を連れ込んだら彼も気を利かして外出しただろうが残念ながらそんな機会は訪れなかった。

 

彼はマルボロを吸っていてそれを中国人の仲間に見られると「そんなことに無駄な金を使うな」と説教されるとこぼしていた。健康を害するからやめろではなくてお金が無駄になるからやめろというところがミソである。

 

その頃の彼はいつも同じジーンズで同じジャケット、品質が悪そうでデザインも洗練されていない安物を着ていた。彼だけでなくその頃の中国人の学生の服装はだいたいそんな感じだった。彼は私のクローゼットを見て「たくさん服を持ってるね」と驚いていた。(日本人は総合的に衣装持ちだったが私は特に無駄に服が多いほう)

 

そう言えば中国人の留学生達は学期の最初に誰かから教科書を借りて、コインコピー機を使い留学生全員で分担して丸々一冊を全員の人数分コピーして製本していた。(まさにコピー文化)新品の教科書代と比較して安くなると言っても微々たるものだと思うのだが、その微々たるお金も人民元に換算すれば国では価値を持ったのだろう。それくらいレートが違う時代だったのだと思う。私は、当時まるで国際情勢に興味がなかったが今考えてみるとあの年代は香港返還前で第二次天安門事件直後ぐらいの複雑な時期だったなと思う。カナダにいた香港人、中国本土の中国人も目的は移民だった。

 

一方、その頃は日本の企業の絶頂期でもありアメリカのデトロイトでは日本車を破壊するデモンストレーションなんかも起こったばかりだった。さらに日本人は高価なカメラを首からブラ下げてツアーで海外に来てお土産を爆買いしていて品の悪い成金という感じだった。まさに立場が逆転したというか、ご存知の通り今それをやっているのは中国人である。

 

実はこの話に特にオチはない。中国人爆買いとか、中国人関連のネットの記事を読んでいたら、ふと彼のことを思い出し、時代は変わったなあと思ったのと、昔が懐かしくなったので当時の様子を書いてみた。

 

もう連絡先などわからないしカナダから私も連絡は取っていないが、今、何をやっているのだろうか。中国が潤っているわけだから彼もきっとビジネスチャンスが多いだろうから、金持ちでもなっているのかもしれない。大リーグのトロント・ブルージェイズがスポンサーだったビール「ブルー」でも飲みながら、もう一度彼と会って、その後の半生を聞けたら、色々面白い話が聞けそうだが。

 

 

 

 

エジプトビール
 

※エジプトのビール「ステラ」私好みの味だった。カイロには目立たないように看板も店名も出していないが時々パブがある。また酒類販売所も目立たないようにだが存在する。顧客はエジプトのキリスト教徒のコプト教の人々らしい。本文はイスラムと豚肉の話だがイスラムつながりで。

 

まったく皮肉なことではあるが例の組織のせいで、日本人が歴史上ここまでイスラム教に関心をよせたことがあっただろうか?ぐらいのレベルでイスラム教に対する認知度が上がっているのではないかと思う。私もイスラム教のことをもっと勉強しなければと思っている。そして、今、同じようなことを考える日本人は少なくないだろう。

 

ところで、ご存知の通り和食は国際的にブームで、経済が活性化しているマレーシアやインドネシアといったイスラムの国での日本料理店も増えている。私自身はマレーシアのラーメン店で働いた経験がある。今回は、そこで起こったイスラムのスタッフとの、ちょっとしたエピソードを書いてみよう。文化の違いは一筋縄ではいかないという一例だ。

 

その店はラーメン店なので当然スープの出汁をとるのもトッピングのチャーシューも豚肉だ。ご存知のように豚肉とお酒はイスラム教では御法度だ。

 

それでもスタッフはイスラム教徒(外国人)が多かった。イスラム教かどうかは面接時にチェックして「うちは豚肉を扱う店だけど大丈夫か?」ともちろん聞く。「構わない」という了承をとった上で雇い始める。

 

しかし宗教に対する熱心さには個人差がある。これがクセものだった。例えばアルコールは一切口にしない者もいれば大好きな者もいる。ラマダンをする者もいればしない者もいる。しかし私の感触によるとアルコールは飲めても豚肉はダメという人が多かった。タブーにするなら快楽的なアルコールの方が上っぽい気がするのだがアルコールよりも豚肉の方が「イケないこと」のようであった。

 

無論、豚肉に関しても個人差はある。ある者は豚肉を平気で食べる。ある者は自分が豚肉を食べさえしなければよく、手で触ることも別に気にしない。

ただし一方である割合の者はまるでアレルギーでもあるのかのように豚肉、もしくは豚肉を使ったスープさえも、触れることを忌み嫌う。できあがったラーメンを運ぶのはいいが、汁が飛び散るからだと思うが皿洗いができないなどと言う。よく日本でも留学生の多い大学の学食などはハラルコーナーを設けるようになったが、ハラルフードを出す店では豚肉を調理した器具、それをよそった食器を使用しない。使用したらそれはハラルの店とは言えない。あれは、例えて言えば、大嫌いで生理的に受け付けない異性と「間接キス」するみたいなものだからだ。いやこの表現では生優しすぎるか。彼らは礼儀として外国人に対して直接的な心境を口にしないのだろうが、察するところ彼らにとって豚肉とは「気色悪いゲテモノ食」なのだと思う。 

 

「なるほど『豚肉が汚れている』という考え方は、こう現れるのか」と、まさに身を持って理解できる体験だった。が、もちろん関心している場合ではない。ゴム手袋を使って洗うように言っても、のらりくらい皿洗いをやらずに済ませようとする。日本式に少数精鋭でやっていたので皿洗いができないスタッフを混ぜてシフトを組むのは難しい。さらには不公平だと他のスタッフとも確執が起こり険悪になる。当たり前だが宗教上のこと無理強いはできない。ましてマレーシアである。まあ、そんな出来事があって以後、当然面接時に皿を洗えるかどうか確認するようになった。

 

ところで、そもそもマレーシアでラーメンを誰が食べるのかといえば非イスラムの住民である。華人、日本人、欧米人などだ。しかしマレーシアでのマジョリティは当然イスラムのマレー人である。だから狭いマーケットで集客していたことになる。

私もこういう経験があってほんのり理解できたわけだが、このイスラムの人々の豚肉に対する生理的嫌悪感を甘く見ている日本人がフードビジネスの中でさえ多いと思う。
 
 

ゆえに、私が思うに、イスラムの国でラーメン屋をやるなら、マニアックだが豚肉を一切使わないで牛骨ラーメンとか牛筋ラーメンをやったらいいんじゃないのかなと思う。地元のマジョリティの文化とぶつかるものをビジネスでやるというのは、本当に色々な労力、つまり面倒臭い作業が必要になってくる。

というわけで、これからイスラム圏でラーメン屋をやろうと思っている方はぜひ牛骨、牛筋ラーメンで頑張ってください……。

とここまで書いて、大事なことを思い出した。
マレーシア、シンガポールあたりの華人の人たちは仏教の関係で牛肉を食べない人が多いんだった。加えてあまり日本食を食べにこないがインド系の人々も牛肉はダメである。

やっぱり鶏ガラスープのチキンラーメンで頑張ってください。


 

 

DSC_0507


カニ女


閻魔大王

ハウパーヴィラ


写真上:シンガポールの古き良き時代のプラナカンスタイルの装飾。今現在はパブ。
写真中上:シンガポールの地獄庭園ハウパーヴィラというところのコンクリート人形。カニ女
写真中下:ハウパーヴィラの地獄を再現したジオラマ
写真下:ハウパーヴィラの…どういう物語を再現したものかは忘れた。
※単にシンガポールの写真というだけで本文との関係はなし。




私は昔シンガポールで日本語教師をやっていた。

 

ネットを見ていると大学生や中高年も「日本語教師になりたいんですけど」というコメントを時々見かける。国際交流もできそうだし楽しそうというイメージがあるのだろうか。

実際楽しいことも結構あったし日本の会社で残業をエンドレスにやり続けているよりか全然マシだとは思う……。しかし、大変なこともあった。

 

さて、では何が大変だったか?と言うと第一に「教師も人気商売だ」ということだ。

 

これは私が所属していた学校のシステムに起因する。その学校では生徒が自分の好きな教師のクラスを選べるシステムだった。こういうシステムでどういう現象が起こるかと言うと人気のある教師のクラスには生徒が制限人数一杯になるまで登録されるが人気のない教師の場合はクラスの最低人数を下回ってしまい……あげくに中止。なかなかシビアな世界だった。

 

そして第二に上司が今時の日本では絶滅危惧種のような保守派精神論ババアだった。このババアを私はシーラカンス・ババアと名付けていた。 

例えば日系ブラジル人社会などに既に本国では消えてしまった文化が綺麗に残っている場合があると聞くが、このババアも経済成長前のシンガポールに根付いて変化し続ける日本の文化からは隔絶されなぜか悪しき伝統だけを結晶化させた。
 

こいつが人気のない教師と人気があっても自分が気に入らない教師をヒステリックにありとあらゆる嫌がらせでトコトン追い詰めて自主退職させた。とにかく教師は常時入れ替わる。
私は人気がなかったので前者だった。ノルマの果たせない営業部のサラリーマンみたいなものだ。また別の女性教師は人気があってもババアが生理的に受け付けないらしく戦時中に因習だらけの田舎に嫁いだ若嫁のようにいびり倒される。

 

ゆえに教師は必死である。ただ単に生真面目に淡々と教えていても生徒に飽きられるので、授業を楽しませるために生徒を笑わせるギャグの一つぐらい言えなければならない。さらにクラスメイト同士の交流を活性化させるために率先して食事会だとかボーリング、カラオケなどを企画してプライベートな時間を割いて生徒との交流に当てる教師も多かった。そうやってクラスメイトが仲良くなると落ちこぼれる生徒が減るのだ。

 

私はなぜ人気がなかったかといえば今思い起こせば色々欠点が思いつくが変に硬かったのだと思う。
ある日、受付カウンターでこれからクラス登録する生徒が自分の事務員と話していた。
「この先生はどんな感じ?」と事務員に聞く。
She is funny.
「じゃあこの先生は?」事務員は少し複雑な顔をして、He is serious.
って誰のこと話してんだ?と思いきゃ俺のクラス。
シリアスって俺かよ?
「シリアスは嫌だな。じゃあこの先生」と生徒。
おいおい事務員、勘弁しろよ。これじゃあ誰もクラスに登録しないに決まってんじゃん。

クラスの登録人数が足りずに中止になり私はババアに説教された。
「シンガポール人はね。面白い先生が好きなのよ。もっと笑わせなさい!」とのことだった。
それを女性の同僚にこぼしたら
「教師はホステスとかホストじゃないですよね! 
M先生(ババア)は間違っています!」
などと憤慨する……。

 

私は一瞬泣けてきそうになったが、考えてみると彼女はこの学校で人気ナンバーワンの教師で生徒の登録人数なぞ悩む必要もないしババアにも好かれていて文句は言われない。

やはり人気ナンバーワンになるだけあって、どんな状況でも共感力抜群である。

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ