歩く歩く

末永泰三のブログ。旅好きが興じ、働きつつ長期滞在し数カ国を巡った体験を基に日々の気づきを綴る

カテゴリ:

突然だが皆さんは話題のテレビ番組”クレイジージャーニー”を見たことはあるだろうか?

このテレビ番組は冒険家達の「これテレビで流していいんだろうか?」と思わず唖然とする旅の映像──スラム街や辺境 の圧倒的な現実を見せつけて大きな反響を呼んでいる。何と、あの小泉進次郎衆議院議員にまで「あの番組大好きなんですよ」と言わしめたほど。
 
しかしながら紀行もののノンフィクション好きな私としては「テレビが、そんなにウケている ならば、本のクレイジージャーニーも」という思いがふつふつと。というわけで今回は私の独断と偏見で”クレイジージャーニー”に負けないクレイジーな旅の本を5冊ご紹介。
 
ミャンマーという国を知るために


「アヘン王国潜入記」高野秀行
 
私にとっての元祖クレイジージャーニーと言えばこの本。

ミャンマーの国境周辺は、幾多の少数民族が自らの軍隊をもち自治する領域。無論、外国人は入れない。少数民族はビルマ人 側である中央政府と対立または複雑な関係にある。高野秀行氏は、その中でも当時のアヘン作 りのメッカ、ワ州に潜入しケシの種まきからアヘン収穫まで体験───だけでなく、おまけでアヘ ン吸引にもハマってしまいアヘン依存症に。
 
一見、笑い話のようで実はこの本、ワ州を通してミャンマーの歴史、政治、社会が、わかりやすく 説明されており、“アウンサンスーチー”、“民主化”、“黄金のパゴダ”などの漠然としたイメージ以上 のミャンマーを知る教材として最適。
 
そして、実はこの本を読むと、次に紹介する井本勝幸著「ビルマのゼロファイター」が理解しやす くなる。
 
こんな日本人が本当にいるの?

「ビルマのゼロファイター」井本勝幸
 
前述の「アヘン王国潜入記」と重なるがミャンマーの政府側と対立する少数民族側は不利な立 場にある。政府と交渉するためには少数民族同士の団結が必要不可欠。そんな中、組織に所属 せず自費で少数民族エリアに入り要人達と会い酒を酌み交わし信頼を得て民族同士の横の連携をとるためのパイプ 役となった人物がいる。
 
何とそれが日本人。なんだか昔の英雄伝──例えば坂本龍馬とか──を聞いているようだが、今、現在活動中の方の話である。この本は、その人物、UNFC(統一民族連邦評議会)のコンサルタントの井本勝幸氏自身による活 動記録。
 
もともと井本氏は難民支援NGOスタッフで僧侶だったとのことだが、信頼を得るために、僧 侶という立場まで一時辞してことに当たっていると言う。宗教家とかNGOなど枠組を超えた スケールの大きさを感じずにはいられない。
 
そこまで介入していいんだろうか?



 
「神の棄てた裸体」石井光太著

「いずれその場を去ってしまう外国人が、そこまで介入していいのかな?」と読んでいるこちらが 時として違和感さえ感じ、ハラハラするのがこの本。石井光太氏はイスラム社会における性、特に タブーとされるような部分にスポットを当ててアジア各地をさまよう。娼婦、婚前交渉、同性 愛、名誉殺人など。多くの場合、現地で雑用などの仕事をしながら地域の底辺にいる異端の人々と 交流。
 
ともすれば青臭いとも感じられるような倫理観で当事者と関わる姿勢に賛否はあるだろうが、傍観者にはなるまいとした覚悟と勇気は真似できない。

小さいことで悩んでたなと思える本


「アジアパー伝」西原理恵子、鴨志田穣


映画化もされた大ヒット漫画「毎日かあさん」の著者西原理恵子氏の漫画と、その伴侶で戦場ジャ ーナリストで作家の鴨志田穣氏(故人)の文章の二つで構成。

内容はまだまだカオスだった時代のタイを中心とする東南アジアでの鴨志田氏と怪しげな人々とのトホホな交流。抱腹絶倒のエピソード満載。例えば、鴨志田氏が戦場ジャーナリストとして弟子入りして初めての現場。シャリムアップでポルポト派の市街戦が起こりそうな場所へ行き、今日は戦闘はないだろうとタカをくくって大麻スープを飲んで酩酊状態に。ところが、いきなり戦闘がはじまってしまい大麻がキマっている状態で、生まれて初めての実弾が飛び交う戦場で、生まれて初めてビデオをまわす。まさに名前通り「アジアパー伝」!

就職先が決まらなかったり、会社で大失敗したり、誰かにフラれても、この本を読むと「何か小さいことで悩んでたな」と思えるかも。

 
ベテランバックパッカーが辿る若きバックパッカーの旅路

「香田証生さんはなぜ殺されたのか」下川裕治

今年2015年のはじめ日本人がテロリストの手によって人質にとられ犠牲者となる痛ましい事件 があったことは記憶に新しい。

しかし実は2004年にも似たような事件があったのを覚えているだろうか。犠牲者でありながら彼は同情よりも大きな批判に曝される。理由は、その直前に日本人が人質にとられようやく解放されたばかりなのに、ジャーナリストでも何でもない単なるバックパッカーが危険とわかりきっている国へ入国したからだ。
 
この本は、著者の下川裕治氏がクレイジーな旅をしているわけではないのでちょっと番外編である。 香田証生さんは、おそらく、ここで紹介した旅の達人たちのようにクレイジーな冒険を完結させた かったのかもしれない。しかしついぞ帰ることができなかった彼の旅の軌跡を、ベテランの旅人下川氏が丹念に辿りる。全編に漂うのは旅と共に生きてきた下川氏の香田さんに対するシンパシー。

* 

いかがだっただろうか?  
暑い夏の夜、映像とはまた違った文章のクレイジージャーニーを味わってみては。

皆さんは、旅行のさい「地球の歩き方」を使っているだろうか? そう、例の海外の観光地で日本人が立ち止まって行き先などを確認しているあれである。一方、欧米人の多くは「地球の歩き方」ではなく「Lonly Planet」で確認している。 英語圏で最も人気のある旅行ガイドブックだ。
 

「地球の歩き方」には、かなり辺境の小さな町や村への行き方まで、──もしかしたら地元民に聞くよりよっぽど正確な情報が書いてあり、「よくもまあここまで調べたなあ」といつも本当に関心してしまう。

 私も、これまで少なく見積もっても20冊以上の地球の歩き方を買ってきたと思う。ダイヤモンド社のいいお客さんかもしれない。しかし不満に思っていたこともある。ずばり、電子書籍化が遅かった。一つの国に行くにも紙の本は重い。複数の国へ行くなら尚更だ。そもそも世界一周などするバックパッカーは、全部の国の分を持ち歩けない。

 

遅いと言ったが、では何と比べているか?と言うと先ほども述べた「LonlyPlanet」である。「Lonly Planet」は何年からかは知らないが随分前から電子書籍を売っていた。

 

ところがだ。そんな風に「遅い、遅い」と思っていたら、正確にいつ始まっていたのか知らないが、去年あたりから地球の歩き方の一部の国の電子書籍版が見かけ始めた。今年、またダイヤモンド社のホームページで検索してみたらかなりの国々の電子書籍版が出ていた。やった!

 
ところでLonely Planetの電子書籍は紙の本ではできなかった「一冊の本のバラ売り」を早くからはじめていた。どういうことかと言うと、例えば、タイのチェンマイにだけ旅行するのであっても、紙の書籍だったらThailandで一冊の本を買うしかない。しかし電子書籍であれば、その中のチャプター"Chiang Mie Providence" と全般情報である"Understand Thailand &Suvaval Guide"だけ買えば、十ドル以下で済むしチェンマイしか旅行しないならそれで十分事足りる。非常に便利なシステムである。(もっとも4チャプター購入すると一冊分の値段と変わらないので普通に全チャプターが含まれている一冊を買った方が得な値段設定になっている)



screenshot


それで『地球の歩き方』も早く同じシステムを導入していてほしいなあ……と思って、さらにAmazonで検索すると「分冊」という名で紙の書籍だったら一冊分を「タイ北部」とか「タイ東北部」等と分けた形で販売していた。

もしかしたら、まだ分冊にされていない国もあるのかもしれないが、まずはユーザーとして素直に喜びたい。

↑このページのトップヘ