むか〜し、むか〜し、ネットもパソコンどころかガラケーもなかった時代の話。今となっては信じられないが日本がバブル期のころである。

 

私はカナダに住んでいた。日本のようにワンルームのアパートなんてものはなかったので一戸建ての家の部屋を間借りするのが一般的だった。私も独り者の爺さんの家に家賃を払って住んでいた。そしてその頃のルームメイトは北京から来た中国人の留学生だった。

 

私よりは年上だったせいか、家族でもないのに生活態度などを説教されたが、お互いカナダではマイノリティ同士でうまくやっていた。共同キッチンでお互いの料理をシェアしてビールを飲んだりだとか。喧嘩もしたような気がするが割といい思い出しか残っていない。

 

彼は中国人の可愛らしい彼女がいて高倉健の大ファンだった。彼女が来た日は私が気を利かして外出するという暗黙の了解があった。もし私が女の子を連れ込んだら彼も気を利かして外出しただろうが残念ながらそんな機会は訪れなかった。

 

彼はマルボロを吸っていてそれを中国人の仲間に見られると「そんなことに無駄な金を使うな」と説教されるとこぼしていた。健康を害するからやめろではなくてお金が無駄になるからやめろというところがミソである。

 

その頃の彼はいつも同じジーンズで同じジャケット、品質が悪そうでデザインも洗練されていない安物を着ていた。彼だけでなくその頃の中国人の学生の服装はだいたいそんな感じだった。彼は私のクローゼットを見て「たくさん服を持ってるね」と驚いていた。(日本人は総合的に衣装持ちだったが私は特に無駄に服が多いほう)

 

そう言えば中国人の留学生達は学期の最初に誰かから教科書を借りて、コインコピー機を使い留学生全員で分担して丸々一冊を全員の人数分コピーして製本していた。(まさにコピー文化)新品の教科書代と比較して安くなると言っても微々たるものだと思うのだが、その微々たるお金も人民元に換算すれば国では価値を持ったのだろう。それくらいレートが違う時代だったのだと思う。私は、当時まるで国際情勢に興味がなかったが今考えてみるとあの年代は香港返還前で第二次天安門事件直後ぐらいの複雑な時期だったなと思う。カナダにいた香港人、中国本土の中国人も目的は移民だった。

 

一方、その頃は日本の企業の絶頂期でもありアメリカのデトロイトでは日本車を破壊するデモンストレーションなんかも起こったばかりだった。さらに日本人は高価なカメラを首からブラ下げてツアーで海外に来てお土産を爆買いしていて品の悪い成金という感じだった。まさに立場が逆転したというか、ご存知の通り今それをやっているのは中国人である。

 

実はこの話に特にオチはない。中国人爆買いとか、中国人関連のネットの記事を読んでいたら、ふと彼のことを思い出し、時代は変わったなあと思ったのと、昔が懐かしくなったので当時の様子を書いてみた。

 

もう連絡先などわからないしカナダから私も連絡は取っていないが、今、何をやっているのだろうか。中国が潤っているわけだから彼もきっとビジネスチャンスが多いだろうから、金持ちでもなっているのかもしれない。大リーグのトロント・ブルージェイズがスポンサーだったビール「ブルー」でも飲みながら、もう一度彼と会って、その後の半生を聞けたら、色々面白い話が聞けそうだが。